年中無休・24時間対応 TEL:044-975-3853 (代表) 相談無料 LINE窓口友だち追加

◇宮前区 葬儀なら安心典礼

- 宮前区で葬儀のことなら、どんなことでもお気軽にお問い合わせください -

安心典礼 今月(12月)のお話 『師走』

今年も気付けば12月、あっという間に年の瀬です。先月から始まったサッカーの ワールドカップ、日本の劇的勝利などもあり盛り上がりを見せているようです。満員の会場でも観客はマスクを着用せずに観戦しており、政府からもようやく常時マスク着用の日本の在り方について、本格的に見直すべきという内容の発信が出されるようになってきました。来年は待ち望んでいるかつての日常が戻ってくるのでしょうか。そう願わずにはいられません。

ところで12月の別名は「師走(しわす)」ですが、元は旧暦の12月を指す言葉でしたが、現在の新暦でも使われており、月の別名の中で最もよく耳にすると思います。『師』とはどのような人を指すのか?一説には、御師(寺社で参詣者のお世話をする人・僧侶)が仏事のため一年の内で一番忙しく走り回る様子から御師が走る=師走となったというのがあり、有力のようです。(諸説あり)

他には、「晩冬」という別名もあり、これは旧暦で10月11月12月が冬とされていたので、冬の月の最後という意味からきています。また、同じく「春待ち月」という別名は、冬の最後=次の季節が春なので、そういった呼び名がついています。

この度、弊社フューネラルホールご利用(白木祭壇)限定の家族葬プランを始めることにいたしました。ホールの利用料が含まれており、費用を抑えることができます。ご家族・ご親族の皆様でゆっくりと故人さまを送っていただけるプランとなっております。

その他にもフラワー祭壇のきずな葬(通夜・告別式)や、つばさ葬(告別式のみ)などのプランもございます。

葬儀に関しましては、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。
安心典礼は地域の皆様に寄り添い、心のこもったサポートを提供させていただきます。
川崎市葬儀/宮前区葬儀/真心の葬儀
電話:044-975-3853