安心典礼 今月(7月)のお話

~お盆~

今年もお盆の時期を迎えます。
東京オリンピックの開催は賛否がありますが、どうかこれ以上の感染拡大にならないことを切に願います。

昨年のお盆はコロナ禍により、お墓参りや法要のあり方も様変わりしました。寺院においては、お坊さんが檀家を訪問してお経をあげる棚経を感染予防の面で中止、代わりに各家庭のお位牌を寺院へ持参してもらい個別に本堂でお経をあげたり、或いは法要の様子をインターネットで配信する等、新しい形のお盆が模索されました。コロナが終息していない今年も同様のスタイルが継承されるものと思われます。

8月のお盆休みの帰省も人流を抑えるために、不要不急の外出を控える要請が出されるのか、子どもたちが楽しみにしている盆踊りや縁日といった夏の風物詩はどうなるのか、早く『いつも通りのお盆』が戻ってきてほしいものです。

-今年のお盆-
新暦7月15日: 函館、東京・横浜・静岡・栃木市旧市街地、金沢旧市街地、白山市旧美川町地区、かほく市旧高松町高松地区など
新暦8月15日:(月遅れの盆)上記以外の全国的地域
13日に迎え火で故人の魂を家に迎えます。16日に送り火で故人の魂を送ります。

ご先祖様の供養の仕方は地域によって異なります。一般的な供養の例として精霊棚を仏壇の前に飾り付け、その年の作物や精霊馬供えます。 割り箸でキュウリとナスに足をつけ、それぞれ馬・牛と見なして祖先の霊が来るときは馬に乗って早く、帰るときは牛に乗ってゆっくりとという意味合いが込められています。

現在では住宅事情の関連もあって、迎え火や送り火を行なわず、大きな精霊棚は用意せずに故人の好きな食べ物と精霊馬だけをお供えするというご家庭も多いことでしょう。どうしても形式に拘らなくてはならないということではありませんし、言うまでもなく、故人を想い偲ぶ気持ちがもっとも大切なことです。

さて、リニューアル1周年を迎えたフューネラルホールはご利用者様から好評をいただいております。宗教・宗派を問わずご利用いただけ、収容人数は約30名、近年需要が多くなりました家族葬・1日葬・直葬などシンプルな葬儀に最適なホールとなっております。音響設備もリニューアルし、厳かな式を営なむことが出来るのも特徴です。もちろん、新型コロナウィルス感染予防対策を万全に行っておりますので、安心してご利用いただけます。ホール、または葬儀に関しまして、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。
電話:044-975-38533